中西部インド事情:ジャイサルメール城塞 なのだ
撮影:2019年11月22日 

「Patwon ki Havell」の屋上から,下図の「←A→」面を撮す。半円形の防御施設が多いように感じられる。

 「Jaisalmer Fort」は,なぜだか「-garh」が付いていないのだ。「Mehrangarh」などの各城塞に比べて,規模がきわめて小さいからだと思うが,これ以上の詮索は無しにしよう。
 規模が小さい,ということは逆に城下町が近いということを意味しており,現在も城塞の中に普通の市民が生活している,に繋がっていると思う。城主と兵士は居ないが,平民は住んでいるからである。

 ラージャスターン州に現存する大きな城塞に比べ,数多くの半円形の城壁を持っていることも,特徴の一つに数えられよう。右の図(拡大図あり)を確認すれば,一目である。城壁が低いので,死角を隠したかったのかもしれないなぁ。  

 ラージャスターン州の他の都市は皆規模が大きく,住民が圧倒的に多いためだろうか,この城内および城下の町々がきれいだ,という印象が強い。尤も,城下とは旧市街の「Sadar Bazzar」付近だけであって,NH11沿いの郊外では他の町とあまり変わらなかったが。


上図の「←B→」面。上部の城壁は直線では無く,半円の連続なのだ。この方が死角が生まれにくいのかもしれない。

一番外の門「a」。 右のディスプレイには,二つの「目」と四本の「足」があるのだ。

城門を入った所の広場「b」。出陣の際などに整列場などとして使われたのかな?。

ここが宮殿。恐らく,装飾の多い窓が王様などの王族が住んでいたのだろう。

入場券を貰い,いよいよ入場する。。

「Suraj Pol(c)」だ。日本の大手門だね。

城門の幅が狭い。大勢がどっと進入できないようになっているようだ。

城壁に階段の跡が残っている。使われていた時には,手摺りがあったのだろうか。

内門とも言える「Ganesh PPol(d)」だ。上は部屋になっているようで,奥行きがあるので,扉を何枚でもおけそうだ。
「POL」では無く「PPOL」になっているが,??

通路は現在,土産物屋と化している。。

最後の城門「Hawa Pol(e)」。喫茶店もあるのだネ。

ここも「PPOL」だ。城門の上は宮殿になっている。それにしても,天井が高いぞ。

城塞の内部「f」。ここは,城塞の名に相応しく,城壁の中に民家があって人が住んでいるのだ。現在もだ。

これが宮殿(g)だ。正面の窓から王様が顔を出したのだね。右が先ほど通ってきた「Hawa Pol」。

宮殿は「光の具合によって黄金色に光る」というのは正しいように思う。

日陰になるとタダノ黄色だね。店開き前,壁には落書きがあったのだ。 

宮殿「g」から「Ganesh Pol」を見る。 丸い玉は,当時の大砲の砲弾だという。正面は北の方角だ。

「Jaisalmer」の旧市街で,右端の駐車場が「b」の広場である。

別の角度で眺めるとこうなるのだ。 

この一角は,ホテルやレストランになっているそうだ。屋上は見晴らしがよくて、営業的にはよい所だなぁ。

宮殿の見学を終え,町?に降りてきた。路地は狭く,自動車は途中までしか進めないのだ。。

絶景ポイントへ、ということで東の城壁に向かう。

道は狭く,路地なのか,家の中なのか,わからない場所を通過した。。

突然,視界が開けた。地図の「h」地点である。地図のマークでは「砲台」とあるので,当然といえば当然だなぁ。

宮殿の内部を少し。「Jaisalmer」ができて850年記念、なのであろうか?。

この宮殿は狭く,中庭などもここに写っているほどしか無い。
右下は天井だが,意思がむき出しだと暑いので,防暑用に木材を使っているという。 

(左)天井は木材だなぁ。 (右)最も高価な床だという。砂岩の中に化石が含まれていた。それもおびただしい数の貝化石が。

宮殿内は博物館となっており,随所に彫像が展示されていた。 踊る女神は判るが,真ん中はちょっと,・・・。。

屋外のレリーフを移設していた。風化防止のためだろう。。

(左)王様のお出まし用の施設。(右)階段の跡と思われる。