南インド事情:ここがインド最南端のコモリン岬 なのだ
撮影:2018年11月28日 

コモリン岬近くの商店。 アイスクリームの看板を出している食料品店。
 インド亜大陸でもっとも南の「コモリン岬」。 1度は行ってみたいところだった。
 ヒンズー教の聖地の一つということで,夥しいインドの人たちが集まっていた。
 観光のシーズンオフなのか他国人は数えるほどしかおらず,その点では静かだった。
 また,物売りの人たちは結構多かったが,まとわりついてくる者は少なく,追い払うことも無かったのだ。
 ただ,二つの巨大なモニュメントは目に余るので,この日の出を見る場所は次回はパス(次回があればの話)で,施設の少ない日没を見る場所の方がより好ましかったのだ。

バスを降りて岬に向かう途中。 土産物屋で一杯。 この先のゲートの手前を右折して岬に向かった。

岬の手前にはヒンズー教のお寺があって,そこを回り込むとまず目についたのはおびただしい露天商(香具師)の人々。

日本人の観光客に人気の香具師は,・・・・。

オームの占い師だった。 日本でも文鳥を使った占いがあったが,あれと同じだね。

商売に疲れたのか寝ている人もいる。 そろそろ日没だものね。

で,この先がコモリン岬。大勢の人が集まっているようだった。

正面にある丸い岩が正真正銘のコモリン岬。 インド亜大陸の最南端である。

11月も末だというのに,海に入っている人がいた。

コモリン岬というとこの二つの小島が有名。 左は「Vivekananda Rock Memorial」という施設で,右は偉大な詩人だという。

パノラマ写真。 クリックで拡大。

岩の上で悟りを得たと言われる「Vivekananda 」を記念する博物館。ドーム屋根から,イスラム教の寺院を連想するなぁ。
 連絡船に乗る時間は無かったが,まぁ行かなくても,・・・・。

巨大な「Thiruvalluvar Statue(像)」。タミール人の詩人で哲学者だという。それにしてもでかい。

(左)2008年12月26日日に発生したスマトラ島沖地震による津波の犠牲者を弔う碑。 カーニャクマリでは542名の死者が出たとのこと。
(右)コモリン岬を守る?ヒンズー教寺院。 当然,異教徒は入れないのだ。